• ホーム
  • 西武信金と株について、ファイアアイとは

西武信金と株について、ファイアアイとは

一般の投資家が株式に投資する場合、気をつけなくてはいけないのが目当ての企業が上場しているかどうかです。
上場していなければ株を買えないからですが、全国的に有名な大企業でも経営上の方針などで上場していないところはたくさんあります。
この企業は投資先としてよさそうと感じたらそもそも上場しているのかどうかをまずは確認することが先決です。
西武信金の場合はよく似た名前の鉄道会社がありまして、その鉄道会社が子会社になっている持株会社が上場していますが、西武信金はこの持株会社とは同じグループという関係ではありません。
両方とも昔でいう武蔵の国の西側という意味の由来で名付けたために似た名前になっただけでして、別ですのでこの点にはまず注意しなくてはいけません。
また、さらに難しいのは西武信金がこのグループの中のカード会社と現在業務で提携していて共通でカードを発行していることです。

これは同じグループだからではなく提携しているだけです。
さらにこのカード会社は、親会社にあたる持株会社とは別に、独立して上場しています。
このように混同しやすくわかりにくいですので十分気をつけておきます。
このカード会社は西武信金と一緒になってカード事業を行なっているわけですから、上場していない西武信金の分こちらに投資することができます。

日本の市場には上場していないという点ではファイアアイも同様です。
ファイアアイはセキュリティの最先端をゆく外国企業で日本法人もあるのですが今のところ日本で上場しているわけではないですので、もし投資するのなら外国株として買います。
日本の証券会社では外国株を扱っているところといないところがありますので、口座を作る前に確認することが不可欠です。
ファイアアイのようなセキュリティ業界が有望だと考えるのでしたら日本の同業上場企業の中で株を買っていくという方法もあります。