機関投資家たちの「闇」とは?裏社会の真実

機関投資家たちの「闇」とは?裏社会の真実

機関投資家たちには闇の部分、いわゆる裏の部分があることを知っていますか?

一般には出回っていない超極秘の裏の闇の情報…

源太さんはそんなことまで教えてくれるんです。ここでこっそりその一部をお話しましょう。

機関投資家によって相場は意図的に作られている

機関投資家は、株で勝つために意図的にある出来事を起こしたりしているそうなのです…

信じられますか?

しかしこれは本当の話です。

どういうことか説明しましょう。

市場には、相場の需給のエネルギーがピークに達する位置・枯渇する位置というものがあり、その相場サイクル・バイオリズムによって転換点(ポイントの日)が定まります。これを市場のバイオリズムと呼びます。

機関投資家は、その市場のバイオリズムを逆手にとってわざとその転換点に事件や事故を起こし、トレンド変換を意図的に起こそうとするのです。

逆に言うと、相場というのはトレンドを変換させる出来事が必要だということにもなりますが…

とにかく、意図的にある出来事を起こして市場を落胆させ、株価を暴落させるという操作を行うのが機関投資家のやり方なのです。

何ということでしょう。これではいくらチャートだけ見ていても勝てるはずがありませんね。

これだけでもうお金を取ってもいいくらいの裏情報なのですが…

機関投資家とどうやって戦えばいいのか

では機関投資家と戦うにはどうしたらいいのでしょうか?

結論は、戦っても無駄です。勝てるわけがないのです。

じゃあ株で勝つのも無理…ではありません。

株式市場が機関投資家の都合で成り立っているのなら、それに先乗りしてしまえばいいのです。

そうすればインサイダー情報など知らなくても勝てることになります。

まずは「源太カレンダー」で転換点(ポイントの日)を知ることです。

転換点となる出来事は主体者である機関投資家によって仕掛けられるため、ポイントの日と合致しやすくなります。

源太カレンダーのポイントの日は偶然に生まれているわけではありません。エネルギーの増減・市場のバイオリズム・過去の主体者の動きなどを総合して導き出しているため、当たる確率が高いのです。

「運用者の都合」「運用者のスケジュール」「転換点」これらを知っていれば、機関投資家は戦うべき敵ではありません。むしろ儲けやすい時期に儲ける銘柄で大きく利益を伸ばすことができる方法を教えてくれる存在なのです。

先乗り投資法であれば、そのような業界の奥まで突っ込んだ内容を知ることができるというわけです。

TOPページを見る